• マーカス・サミュエルソン

当該記事の関連組織

NYで人気のシェフ マーカス・サミュエルソン

世界が注目するスウェーデン出身のシェフ、マーカス・サミュエルソン。ニューヨークの高級レストランでアメリカに北欧料理を知らしめた気鋭のシェフは、今年念願の自分のレストランをオープンしました。スウェーデンで培った料理の腕で、今度は和食とアメリカ料理に挑戦するサミュエルソンの活躍をご紹介します。

33歳にして、ベテランシェフ顔負けの輝かしい経歴をもつマーカス・サミュエルソン。クリエイティブで洗練された彼の料理はグルメのニューヨーカーたちを熱狂させ、スウェーデン料理を一躍有名にしました。WEF(世界経済協議会)の選出する「Global Leaders for Tomorrow」にも選ばれるなど、いまやアメリカで最も注目されているシェフのひとり。まずは簡単に彼の経歴を紹介しましょう。

1970年エチオピアで生まれ、スウェーデンはイェーテボリの家庭に養子として迎えられます。祖母の影響で料理に目覚め、イェーテボリの料理学校へ進学。卒業後はスイス、オーストリア、フランスで修業を積み、アメリカへ。 

1994年、24歳の若さで高級レストラン「アクアビット」のエグゼクティブシェフに指名され、親しみやすく洗練された北欧料理で人気を博します。翌年には、ニューヨークタイムズ誌のレビューで3つ星レストランの評価を受け、最年少シェフとして紹介されました。「アクアビット」は、2001年にも再び3つ星レストランに選ばれ、サミュエルソン自身も99年にジェームスベアード財団の「Rising Star Chef」、2003年には同財団の「Best Chef New York City」を受賞しています。

そして2004年、ミッドタウンのコンテンポラリーホテル「アレックスホテル」内にレストラン「Riingo」をオープン。スウェーデン料理の魅力を広く知らしめた彼が、今度は和食とモダンアメリカ料理に挑戦しています。店内には寿司カウンターがあり、日本人の寿司職人が腕をふるいます。モダンアメリカ料理は同じくスウェーデン出身の人気シェフ、ヨハン・スヴェンソンが担当。新鮮な寿司とともに、神戸牛とサーモン、マグロを盛り合わせた「トリオ・タルタル」など、ユニークなメニューが並び、話題のシェフの料理がリーズナブルに楽しめると連日、賑わっています。

店名は、日本語のりんごから。ニューヨークのニックネームであるビッグアップルにちなんで付けられました。北欧とアジアの料理には共通する美学や感覚がある、と考えるサミュエルソンはレストラン経営のかたわら、「Riingo」のシェフたちと共に日本語をはじめ、日本文化を日々吸収しているそうです。

レストラン以外での活動にも積極的で、北欧文化を紹介しているスカンジナビアハウス内の「AQカフェ」では、気軽なカフェスタイルでスウェーデン料理を紹介しています。2002年には初の料理本『En Smakresa(味の旅)』を、2003年秋には『アクアビットとニュースカンジナビア料理』を出版。慈善活動にも意欲的で、ユニセフのスポークスマンとしても活躍。また高校生のためのプログラム、C-CAP (Careers Through Culinary Arts Program)の指導者も務め、料理への情熱を若い世代に伝えています。

料理を武器に、文化や仕事の壁を軽々と乗り越えていくサミュエルソン。これからの活動にも目が離せません。